スカッグス死因

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

Englishフリーワードで探す詳細検索はこちら検索研究者基本情報学位研究活動情報論文競争的資金森 健太郎 モリ ケンタロウ■所属部署名脳神経内科学■職名助教  研究者基本情報学位博士(理学)研究活動情報論文Gene expression profile data of the developing small intestine of Id2-deficient mice, Kentaro Mori, Kota Tamada, Hisanori Kurooka, Makoto Matsui, Toru Takumi, Yoshifumi Yokota, Data in brief, 24:103717, 2019年Systemic cellular immunity and neuroinflammation during acute flare-up in multiple sclerosis and neuromyelitis optica spectrum disorder patients., Uchida Nobuaki;Mori Kentaro;Fujita-Nakata Michiyo;Nakanishi Megumi;Sanada Mitsuru;Nagayama Shigemi;Sugiyama Hiroshi;Matsui Makoto, Journal of neuroimmunology, 353, 2021年DOI:10.1016/j.jneuroim.2021.577500MS患者におけるフマル酸ジメチル治療投与での活動指標検討, 中西恵美, 森健太郎, 内田信彰, 藤田充世, 松井 真, 朝比奈正人, 厚生労働省難治性疾患政策研究班(神経免疫班) AMED難治性疾患実用化研究班 令和3年度合同班会議, 54:105, 2022年01月競争的資金腸上皮化生発症の分子基盤の解明その他:(公財)金原一郎記念医学医療振興財団 平成30年度(第33回)基礎医学医療研究助成金研究期間:2018年 - 2018年  代表者:森 健太郎消化管上皮の領域特異的な発生と分化を制御する分子基盤の解明科学研究費補助金研究期間:2019年04月 - 2022年03月  代表者:森 健太郎免疫反応の多様性を演出する活性化B細胞分化制御機構ーミトコンドリアとB細胞分化ー科学研究費補助金研究期間:2016年 - 2018年  代表者:菅井学新規誘導型制御性CD8T細胞の免疫反応・免疫寛容制御機構の解析科学研究費補助金研究期間:2012年 - 2016年  代表者:菅井学異所性上皮組織の形成と腫瘍化の分子基盤科学研究費補助金研究期間:2012年 - 2013年  代表者:横田義史転写調節因子Id2による消化管上皮細胞の発生分化制御機構科学研究費補助金研究期間:2012年 - 2013年  代表者:森健太郎消化管上皮細胞のId2依存的な増殖分化制御の分子基盤科学研究費補助金研究期間:2009年 - 2011年  代表者:横田義史転写調節因子Id2による細胞分化・運命決定機構科学研究費補助金研究期間:2008年  代表者:横田義史HLHタンパク質Id2を介した生体制御システムの分子基盤科学研究費補助金研究期間:2005年 - 2006年  代表者:横田義史消化管上皮の領域特異的な発生と分化を制御する分子基盤の解明文部科学省:科学研究費 基盤研究(C)研究期間:2019年 - 2021年  代表者:森 健太郎※閲覧上の注意:直近1~2年の業績は毎年7~9月に担当委員会が実施する点検により、後日情報を修正することがありますのでご了承ください。Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.

ラブライブglee比較 スロットゲームサイト フランス対アイルランド reactoonz2
Copyright ©スカッグス死因 The Paper All rights reserved.